1. Home
  2. 取扱製品
  3. 光源
  4. 狭線幅CWレーザ
  5. 半導体レーザ
  6. QDLaser

QD Logo

QDLaser
QLD0593シリーズ

狭線幅小型可視レーザモジュール

green

QDLaserの狭線幅小型可視レーザモジュールは1064-1188nmのDFBレーザとPPLNを組み合わせたコンパクトな可視レーザモジュールです。

出力は、空間、シングルモード、偏波保持、マルチモードファイバからお選びいただけます。

光出力は最大 50 mWで、基本波の線幅は1 MHz ( typical )です。

波長は 488, 532, 561, 594nmです。モジュール全体の温調により、 0.4 nm程度の波長チューニングが可能です。中心波長の設定精度は±1 nmで、100 MHzまでの高速モジュレーション、50 ピコ秒の短パルス発生が可能です。

干渉計測、ラマン分光、レーザ顕微鏡、時間分解蛍光寿命測定、時間分解半導体特性評価などに最適です。

本製品を利用して、10^-12のヨウ素周波数安定化が達成されました。論文はこちら⇒

基本波の1μmDFBレーザモジュール はこちら⇒

特徴
  • 対応波長域: 532, 561, 594 nm
  • 出力: 〜 50 mW
  • 線幅: 1 MHz (基本波、 typ. )
  • チューニングレンジ: 0.4 nm程度
  • 高速変調: ~ 100 MHz
  • ピコ秒パルス発生: ~50 psec
  • ファイバ出力:MM、SM、PM
  • 中心波長設定精度:± 1 nm
  • 低消費電力
  • 小型パッケージ
スペック
Product Number Wavelength Power LD type Package カタログ
QLD0593-xxxx 532/ 561/ 594nm 5 / 20 / 50mW DFB+PPLN Flat PKG ⇒PDF
QLD0561-xx25 532 / 561 nm 25mW DFB+PPLN Flat PKG with MMF pigtail ⇒PDF
QLD0561-xx15 532 / 561 nm 15mW DFB+PPLN Flat PKG with SMF/PMF pigtail ⇒PDF
*仕様は予告なく変更になる場合がございます。

更新 2017/04/04